内臓と肌の関係

体に歪みが起こると、内臓同士が押し合って、つられてその他の内臓も引っ張られ、位置の異常、内臓の変形、血液や組織液の生産、ホルモンバランス等にも望ましくない影響を与えます。
その上に日々の暮らしのストレスで、メンタルな部分にも毒素はどんどん溜まり、同時に体の不具合も誘発する。この「心身ともに毒だらけ」というような意識が、我々をデトックスに駆り立てるのだ。
美白は95年から99年頃に料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子の活躍とともに流行したのは記憶に新しいが、それよりももっと昔からメラニンの沈着が原因の皮膚トラブル対策に対し使われていたらしい。
美容外科において手術を行ったことについて、恥ずかしいという感覚を持つ患者も多いため、施術を受けた人たちの名誉と個人情報を損ねないような配慮が特に求められている。
全身のリンパ管と同じように動く血液の流動が悪くなると、いろんな栄養や酸素が隅々まで配られにくくなり、最終的には不要な脂肪を多く着けさせる大きな素因のひとつになります。
美容とは、化粧や結髪、服飾などの方法で容貌や容姿をより一層美しく装うために手を加えることを指す。もっぱら江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味のものとして使用されていたとのことだ。
メイクアップの欠点:崩れないように化粧直しをしてキープしないといけない。洗顔してすっぴんに戻った時に味わうギャップ。化粧品の費用が案外痛い。メイクしてからでないと外に出られないという強迫観念のような思い込み。

This entry was posted in 日記.